霧の朝

4時50分、ウォーキングに出発。

26.7.8kiriarukihajime26.7.8kirimizu
あまりの霧の深さに引き返そうかと思ったほど。
だれとも会わないと、ちょっと怖い。

26.7.8kiritaiyou

帰路には太陽もぼんやりと見えてきた。
いつもは「おはようございます」の挨拶だけの人とも、「すごい霧ねー」「こわいよね」と、言葉を交わしたりして。

26.7.8kirikumokawa26.7.8kirikumokusa26.7.8kirikumohappa
こんな日はやたらクモの巣が多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました