旬のもの

   2015/10/19
雑記,その他,鍛冶屋の食卓

昨日群馬の旧友を訪ね、道の駅で買ってきた「山ウド」「ワラビ」。

27.4.29udo27.4.29warabi
「山ウド」は皮をむいて、酢水に付け、胡麻和えや、酢味噌でいただきます。
「ワラビ」は灰を入れて煮立たせたお湯に浸けてアク抜きします。

27.4.29jyunnbi27.4.29yuzu27.4.29pekutinn
時間がとれず、頂いたままで手付けずにおいたゆずで、ジャム作り。
皮・種と実・果汁に分けます。
皮は細切りにして3回ほど茹でこぼします。
種と実は煮てペクチンを抽出します。

27.4.29yudekobosi27.4.29yuzujyamu27.4.29yuzujyamureizouko
皮の4~5割ほどの砂糖と、抽出したペクチン、果汁も入れて煮詰めます。
とろ~っとしたおいしい「ゆずジャム」ができました。
ビンに詰めて冷めたら冷蔵庫で保存します。

タケノコいただきました。

27.4.29takenoko27.4.29fuki
茹でてます。
そのあと蕗煮ます。

というわけで本日一日お惣菜作りの昭和の日。

この記事へのコメントはこちらへ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容確認後、送信して下さい。

*