頸椎後縦靱帯骨化症

   2017/07/10
雑記

10数年来の手のしびれに付いた病名は「頸椎後縦靭帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)」

難病指定だそうです。

これ以上放っておくと歩けなくなったり、手術も難しくなるといわれ、意を決して手術することに。

5月27日入院。

術前に患部を剃るように言われ、髪の毛残したら、あまりの滑稽さに大笑い、結局坊主頭にしてもらいました。

高校時代には柔道部だったので、50年数年ぶりの坊主頭です。

29日手術。

大丈夫と思っても、やっぱりここは神頼み。

家のあちこちに祀ってある神様仏様にお願いしました。

手術時間は2時間ちょっと。    見苦しい傷跡見せてゴメンナサイ(:_;)

傷の痛みより、コルセットの痛みの方が辛かったようです。

おかげさまで、術後も順調に回復し、19日に退院と決まりました。

3週間も社長不在は初めてのことですので不安もあり、お客様にも何かとご迷惑おかけしましたが、何とか乗り切りました。

退院後もしばらくはコルセットをした状態で力仕事はできませんが、長年の痛みから解放され、鍛冶屋四代目、仕事復帰に向けて頑張ります。

今後とも野口鍛冶店をよろしくお願いいたします。

 

この記事へのコメントはこちらへ

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容確認後、送信して下さい。

*